Windows 8 からのアップデート

Windows 8からのアップグレード

すでに Windows 8 (あるいは、Windows 8.1) をお使いの場合、個人データ、アプリなどを保ったまま、Windows Update から無償でアップデートが行なえます。
アップグレード前にお使い PC 製造元の Web サイトなどで、Windows 8.1 Update への情報を確認するようにしてください。ドライバーのアップデートなど、Windows 8.1 Update アップグレードに必要な作業がある場合は、事前に作業をお願いします。

Windows 8 からのアップデート方法について、詳しくはこちら
※なお、Windows 8.1 Preview からのアップデート方法はこちらからご参照いただけます。

Windows 7 からのアップグレード

Windows 8.1パッケージ

店頭で販売されている「Windows 8.1」パッケージ製品を購入することで、Windows 8.1 へのアップグレードが行なえます (DVD ドライブが必要) 。アップグレード後、上記の方法で「Windows 8.1 Update」へとアップグレードしてください。

Windows 7 から Windows 8.1 へアップグレードする際、お使いのファイルやデータはそのまま移行可能ですが、念のために、必ずデータのバックアップを行ってください。アップグレードで移行できるのはデータ類のみとなり、インストールしたアプリケーションは移行されません。アップグレード後、必要に応じてこれらを再インストールする必要があります。

Windows 7 からのアップグレード方法について、詳しくはこちら
※なお、「Windows 8.1」パッケージは今後順次、「Windows 8.1 Update」パッケージへと移行していく予定です。

Windows XP / Vista からのアップグレード

Windows XP / Vista から直接、Windows 8.1 Update にアップグレードする方法は用意されていません。PC の HDD を初期化し、ゼロから Windows 8.1 をインストールしましょう。アップグレード後、上記の方法で「Windows 8.1 Update」へとアップグレードしてください。その際、データやアプリケーションなどは消去されてしまいますので、必要に応じてバックアップ・再インストールを行なって下さい。
Windows XP / Vista  からのアップグレード方法について、詳しくはこちら

なお、お使いの PC が Windows 8.1 に対応しているかはこちらで確認できます。

NEXT>Windows 8.1 Updateではキーボードやマウスでも使いやすく進化